日本では、ギャンブルのモバイルアプリは合法なのか?

日本のギャンブルは、20世紀初頭に、法律で禁止されました。良いニュースとしては、日本におけるギャンブルとカジノの完全なる合法化が迫っていることです。一方で、悪いニュースとしては、日本のカジノがいつまでに普及するのか、完全なる合法化がいつ実現するのか、いまだはっきりしていないことです。 

日本でのギャンブルは、1907年から違法とされていました。しかし、悪名高い犯罪組織「ヤクザ」が運営する違法カジノが、東京や首都圏外に多数出現しました。ヤクザたちは違法カジノを適切に管理していました。警察に捕まることはほとんどありません。しかし、2016年に日本政府がギャンブルを将来的に合法化する法律を可決したため、違法だったものが合法化されています。これは良いニュースですが、悪いニュースとしては、外国人観光客はもう少し待つ必要があります。延期された2021年のオリンピックの前に、国内初のカジノがオープンする可能性は低そうです。大阪で世界万博が開催される2025年まで待つ必要があるのではないか、という予測もされています。 

日本では、パチンコ、宝くじ、ビンゴ、競馬の4つの合法的なギャンブルがあります。パチンコは、基本的にはスロットマシンのゲームです。しかし、勝っても、現金が支払われるわけではありません。日本の厳しい賭博法を回避するために、パチンコ店では商品券を発行し、それを使って店内で商品を購入します。また、宝くじは、単にチケットをスクラッチするだけなので、基本的には何もする必要はありません。以前は存在していなかったビンゴですが、ヤクザが運営するようになり、外国人観光客がゲストの大半を占めています。ゲームのルールを熟知している方が多いので、安心して選ぶことができます。さらに、日本では、レーシングへの賭けは合法です。競馬などでは、非常に大きな利益を得ることもできます。 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *